シャープから同社初の有機ELテレビ「CQ1ライン」が登場。65型の4T-C65CQ1(予想実売価格 42万円前後)、55型の4T-4T-C65CQ1(予想実売価格 28万円前後)の2サイズで、発売はどちらも5月23日。これまでは8Kテレビをはじめとした自社開発の液晶パネルを採用した薄型テレビを発売してきたシャープだが、ユーザーの声に応えて有機ELテレビを発売。同社の高画質・高音質技術を惜しみなく搭載し、有機ELならではの高画質・高音質を追求している。

有機ELパネル

LGディスプレイ製のパネルを採用し同社の高画質技術を結集

有機ELパネルは、他社と同様にLGディスプレイ製のパネルを採用したものと思われる。
このパネルに同社独自の映像処理エンジンを組み合わせる。新開発の4K画像処理エンジン「Medalist S1」は、地デジなどを4Kにアップコンバートする「4K Masterアップコンバートプロ」、広色域化を行う「リッチカラーテクノロジープロ」を搭載。
そして、有機ELテレビでは新開発となる「スマートアクティブコントラスト」も新搭載。これは、入力された映像信号を解析し、有機ELパネルの駆動を制御して最適なコントラスト表現を可能にする技術。HDRの高コントラストをより引き出し、くっきりとした映像を再現する。
また、HDR信号は「HDR10」に加えて、「HLG」、「ドルビービジョン」の3方式に対応。さまざまなHDRコンテンツに幅広く対応できる。

画像: 新技術となる「Sparkling Drive」のイメージ映像 jp.sharp

新技術となる「Sparkling Drive」のイメージ映像

jp.sharp

内蔵スピーカー

2.1ch 7スピーカー構成の「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」採用

内蔵スピーカーは、前方に2ウェイ3スピーカー構成のスピーカーを搭載。
トゥイーターを前方配置とし、ミッドレンジスピーカーも、前向きに開口部を設けたダクトを通じて放射する「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」となっている。広がりのある音と、クリアーな声の再現が特徴となる。
さらに、背面にサブウーファーを搭載し、迫力ある音を再現。駆動するアンプの出力は合計65Wの大出力となっている。

画像: 画面の下部にある開口部から音が出る「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載。 jp.sharp

画面の下部にある開口部から音が出る「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載。

jp.sharp

内蔵チューナー

4Kダブルチューナー内蔵に加え、回転型スタンドの採用など、使い勝手も重視

内蔵チューナーは、BS110度CS4K衛星放送チューナー×2、地デジ・BS110度CS(2K)チューナー×3。別売のUSB HDDを追加してテレビ放送の録画が可能。地デジなどの2K放送はダブル録画、4K放送は視聴中の裏番組録画が行える。
また、Android TVを搭載しており、多彩なアプリの追加によってさまざまな動画配信サービスなどが楽しめる。また、シャープ独自のサービスである「COCORO VISION」などのサービスにも対応。こうしたサービスはリモコンのボタンでダイレクトに呼び出すことができるほか、音声操作で番組検索や対応する家電の操作なども行える。
このほか、新機能として対応するAoT家電の動作状態をテレビ画面でモニターできる「COCORO HOME VIEWER」も採用するなど、家電連携機能も強化されている。

画像: 新機能「COCORO HOME VIEWER」の画面イメージ。 jp.sharp

新機能「COCORO HOME VIEWER」の画面イメージ。

jp.sharp

有機ELテレビとしては珍しい回転型スタンドを採用。視聴位置に合わせてテレビの向きを変えるほか、日中は外光の反射を避けるようにするなど、使い勝手を高めている。

画像: 画面の向きを変えられる回転型スタンド。 jp.sharp

画面の向きを変えられる回転型スタンド。

jp.sharp

まとめ

有機ELならではの高画質と使い勝手の良さを備えた、親しみやすいモデル

画像: シャープ 4T-C65CQ1 jp.sharp

シャープ 4T-C65CQ1

jp.sharp

有機ELテレビは、画質的な実力の高さから趣味性の高いテレビとして人気だ。しかし、普及が進んできた今は、普通の薄型テレビのように使える親しみやすさも重要になってきている。シャープの「CQ1ライン」は、画質や音質の実力としては4Kテレビの高級モデルと言える実力を備えながらも、使いやすい機能の充実や回転型スタンドの採用などで生活空間での使いやすさも持ったモデルとなっている。有機ELテレビの極薄のフォルムを活かすため、すっきりとした設置ができる壁寄せ型スタンドも同時発売しているのも見逃せない。家電連携機能と合わせて、未来的な生活スタイルを実現できるモデルだ。

This article is a sponsored article by
''.