スマホの画面が明るすぎていつもよりまぶしく感じるとき、簡単に自分で調節することができる。標準設定では「自動調整」がオンになっているので、周囲の明るさに応じて画面の明るさが変わるようになっている。この自動調整もオン/オフを切り替えることができる。

<疑問と悩み>
画面が明るすぎて、まぶしく感じるときがある!

⇒⇒明るさは自分で調節できる。スライダーで、暗くすればいい

スマホの画面は、液晶と有機ELの2タイプがあるが、どちらも明るさは簡単に変えられる。

設定方法は、「設定」アプリで「画面」や「ディスプレイ」の項目へ移動すれば、スライダーで明るさ調整ができる。標準設定では、周辺の明るさによって画面の明るさが変わる「自動調整」がオンになっているので、スライダーで調整すると、それが明るさの最大値に設定されると考えよう。
自動調整のオン/オフは、Androidは明るさ調整と同じ項目で、iPhoneは「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」で行う。

明るさ調整は、比較的頻繁に行うので、Androidは画面上部から下になぞって表示する「クイック設定」で、iPhone Xは画面上右隅から下になぞって(旧型は画面下から上になぞって)表示する「コントロールセンター」で操作する手もある。

●画面の明るさは「設定」で調節可能

iPhone

画像: 画面の明るさは自分で変更できる。「明るさの自動調整」がオンになっている場合、スライダーで調整した値は自動調整の「最高値」となる。

画面の明るさは自分で変更できる。「明るさの自動調整」がオンになっている場合、スライダーで調整した値は自動調整の「最高値」となる。

Android

画像: 「画面設定」→「明るさレベル」のスライダーで画面の明るさを調整する。「自動調整」も可能となっており、最適値を学習する機種もある。

「画面設定」→「明るさレベル」のスライダーで画面の明るさを調整する。「自動調整」も可能となっており、最適値を学習する機種もある。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.