この記事では、ワークマンの人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、サイドジップつきでレイヤードコーデに最適な「フリースサイドジッププルオーバー」をレビュー。プルオーバートップスの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。(ワークマン調査隊43)

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

休日はアウトドアにいそしむ一方で、平日の暇な時間は最新グッズのチェックに夢中。大学卒業後は編集プロダクションで勤務し、30歳を機に独立した。主にモノ系・レビュー系の記事を得意としているが、食レポのし過ぎで太ってきた気がする。

プルオーバートップスの選び方

シンプルなデザインが着まわしに便利!

秋から冬にかけてのファッションは暖かさを重視したレイヤードスタイルが基本。同じアイテムでも組み合わせ方で印象が変わるため、着回しの幅が広がるのがレイヤードの醍醐味です。私が今気になっているのは、シンプルで合わせやすいプルオーバータイプのトップス。コーデの主役はもちろん、アウターの引き立て役にもなる便利なファッションです。今回はプルオーバートップスを着こなすためのポイントや、流行りのコーデをチェックしていきましょう。

重ねるアイテムと素材感で楽しむコーデ

前面にジッパーもボタンもない、フラットなデザインが特徴的なプルオーバートップス。厚手のコットン生地を中心に、スウェット、ニット、フリースなど様々な生地のアイテムが販売されています。

メンズコーデにプルオーバートップスを取り入れる場合、パンツとの相性が大切。ジャストサイズのトップスならゆるめのパンツ、オーバーサイズのトップスなら細身のパンツを合わせてバランスを取りましょう。スリムに見せたい時は、上下ともタイトなアイテムでOKですよ。

トップスがシンプルな分、秋冬コーデはアウターで遊び心をプラスするのがポイント。着こなすのが難しいチェックやストライプといった派手な柄物でも、違和感なく合わせることができます。トップスとアウターで異なる素材を重ねれば、ワンランク上の着こなしに。厚手のプルオーバーはボリューム感が出やすいため、アウターは丈の長いトレンチコートやチェスターコートがおすすめです。

私が今回チョイスしたのは、ワークマンの「フリースサイドジッププルオーバー」。レイヤードコーデに取り入れやすいよう、サイドジップのついたフリース素材のプルオーバートップスです。

画像: 重ねるアイテムと素材感で楽しむコーデ

「フリースサイドジッププルオーバー」を買ってみた

価格は?

ワークマンで取り扱われているブランド「Find-Out」から販売されている同商品。カラーは4種類あった中から、シックなブラックを選びました。厚手で丈夫なポリエステル100%素材を使用しているにもかかわらず、お値段は驚きの980円(税込)。まとめ買いもできるお得な価格が嬉しいですね。

画像: workman.jp
workman.jp

特徴は?

全面が手触りのいいフリース生地で、裾やポケットの英文入りラインがアクセントになっているデザイン。両脇にはファスナーがついており、開閉することで表情の異なる着こなしを楽しめます。

画像1: 特徴は?
画像2: 特徴は?

Mサイズを着てみた

170cmの私にはMサイズがピッタリ

私はスマートなコーデに取り入れたいと考え、ぴったり着られるMサイズをチョイス。肩幅や首回りに無駄なゆとりがなく、フィット感のある着心地でした。

画像: 身長170cm、体重67kgの男性が着用

身長170cm、体重67kgの男性が着用

画像1: 170cmの私にはMサイズがピッタリ

サイドジップは思ったよりも高い位置まで上がるため、開き具合でインナーをどれくらい見せるか調節することが可能。白シャツをチラ見せさせたり、派手な柄を大胆に見せたりとアレンジは自由自在です。

画像2: 170cmの私にはMサイズがピッタリ
画像3: 170cmの私にはMサイズがピッタリ

【ワークマン調査隊】
購入レビューまとめ

安くて暖かいフリースで冬を乗り越える!

画像: レイヤードコーデにぴったりな「フリースサイドジッププルオーバー」

レイヤードコーデにぴったりな「フリースサイドジッププルオーバー」

購入した人からは、「こんなに安くて暖かいなんて驚き! 何枚でも欲しくなる」「よくあるフリースと違ってサイドジップがおしゃれ」「値段以上の質に大満足です」といった声が。今年の冬は「フリースサイドジッププルオーバー」を、様々なコーデに取り入れてみては?

画像: 【ワークマン】980円でこの高クオリティ!フリースサイドジッププルオーバー購入レビュー
フリースサイドジッププルオーバー
▼ウォームアップに最適なサイドジッププルオーバー▼両脇ファスナーを開放することで機動性と通気性を確保▼両サイドのスリットファスナーでレイヤリングを楽しめる▼素材/ポリエステル100%

◆文・撮影=植松英明(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.