サイズは重要なスペック。「CDジャケット3枚分」の超コンパクトサイズながら、高級オーディオに迫る高音質を標ぼうするオラソニックのNANOCOMPOシリーズに、ブルートゥースレシーバーとスピーカーを組み合わせたシステム、マリアージュ・エルが登場した。
 

「CDジャケット3枚分」の超コンパクトサイズだが超高音質

オラソック  マリアージュ・エル

実売価格例:20万1600円
https://www.olasonic.jp/mariage/

画像: スマホからの音源再生にも対応

スマホからの音源再生にも対応

超コンパクトサイズだが高級オーディオに迫る高音質

「CDジャケット3枚分」の超コンパクトサイズながら、高級オーディオに迫る高音質を標ぼうするオラソニックのNANOCOMPOシリーズに、ブルートゥースレシーバーとスピーカーを組み合わせたシステム、マリアージュ・エルが登場した。
 
構成内容は、プリメインアンプのNANO-UA1a、CDプレーヤーのNANO-CD1、ブルートゥースレシーバーのNA─BTR1、スピーカーのRadiusSeries90(サテンホワイト)の四つ。この中で、今回新規の発売となるのがブルートゥースレシーバーのNA-BTR1(単品での実売価格は1万9440円)。

LDACやaptXHDなどの高音質コーデックに対応するほか、高精度D/Aコンバーターや干渉を排除する電源回路など、徹底的に音質にこだわった設計。NANOCOMPOでハイレゾや音楽配信を楽しむための一台として注目される。

画像: ブックシェルフスピーカーは、英国モニターオーディオのRadius Series90を採用。サテンホワイトは、マリアージュ・エル専用の特別限定色。

ブックシェルフスピーカーは、英国モニターオーディオのRadius Series90を採用。サテンホワイトは、マリアージュ・エル専用の特別限定色。

画像: NAーBTR1は高音質コーデック対応のブルートゥースレシーバー。

NAーBTR1は高音質コーデック対応のブルートゥースレシーバー。

画像: アナログ出力とデジタル出力を装備するだけのシンプルな外観。。

アナログ出力とデジタル出力を装備するだけのシンプルな外観。。

従来の約半分の横幅サイズを実現したコンパクトなBDレコーダー4モデルを発

パナソニック おうちクラウドDIGA

実売価格例:10万2470円(DMRーUBZ2060)、10万3550円(DMR-BRG3060・写真)他。
https://panasonic.jp/diga/

画像: コンパクトな筐体に必要な機能がぎっしり。

コンパクトな筐体に必要な機能がぎっしり。

AV機器といえば、これまでは430ミリ前後という横幅サイズが常識となっていたが、このほどパナソニックから発売されたBDレコーダー4モデルは、横幅が約半分の215ミリというコンパクト設計を実現。

ラインアップは、DMR─UBZ2060(2TB/3チューナー)、同BRG3060(3TB/6チューナー)、同BRT2060(2TB/3チューナー)、同BRT160(1TB/3チューナー)。いずれも、録画した番組や取り込んだ動画、音楽などを外出先からスマホで視聴できる「おうちクラウドディーガ」機能を搭載するほか、UBZ2060は、UltraHDブルーレイの4K映像再生にも対応する。

This article is a sponsored article by
''.