部屋を整理していると、たまにしか使わないけど処分はできない大事なもの、が見つかるかもしれない。エアチェックしたカセットテープに卒業アルバム、子どもが描いた絵などは、処分してしまえば二度と手に入らないだろう。しかし家と部屋の広さには限りがあり、際限なく「もの」を保管し続けることはなかなか難しい。そんなときに便利なのが、クラウド収納と呼ばれるサービスだ。

宅配便で手軽に預けられる「クラウド収納」

いま注目の「クラウド収納」とは?

クラウド収納サービスはクラウドストレージなどとも呼ばれるが、箱単位で荷物を預けられるサービス部屋単位で収納スペースを借りるレンタル倉庫やトランクルームに比べ、もっと小さな単位でも預けられることが特徴だ。基本的に空調完備で温度や湿度が保たれており、セキュリティも高いため、大切なものを保管するなら、自宅よりよい環境かもしれない。

また荷物の預け入れや取り出しには宅配便を利用する。つまり、自分で重い荷物を運ぶ必要がない。箱に詰めた荷物をコンビニから送ることもできるし、集荷サービスで自宅の玄関まで取りに来てもらうこともできる。

またサービスによっては箱単位ですらなく、箱の中に入っているそれぞれの物を一個単位で取り出すことまで可能となっている。普段は使わないので預けておき、急遽必要になったからすぐ取り出し自宅へ配送、といった使い方にも対応できるのだ。倉庫というよりも、まさに収納である。

クラウド収納は「minikura(ミニクラ)」(https:minikura.com/)や「サマリーポケット」(https:pocket.sumally.com/)、「TRUNK(トランク)」(https://www.trunk.services/)など多くの企業が提供している。

箱単位で倉庫を持てるクラウドストレージ「minikura」とは

月額200円から気軽に利用できる「minikuraHAKO」

たとえば、寺田倉庫のクラウド収納サービス「minikura」は、目的に合わせて4種類のサービスが用意され、最安の「minikuraHAKO」なら月額200円で利用できる
minikuraHAKOは、200円で販売される専用ボックス(ダンボール箱)に保管したいものを入れ、箱単位で預け入れと取り出しを行うサービス。月額保管料が200円で、預け入れの宅配便送料は0円、取り出し送料は850円かかるが保管期間が1年3ヶ月以上なら無料となる。箱に入れる物の点数には特に制限はなく、最大20kgという重量制限だけ。目的に合わせてレギュラー/アパレル/ブックボックスと3種類用意され、本のようにちょっと重い荷物も安心して送れる。

画像: 購入する専用ボックスは、用途や入れるものの形状に合わせて3種類あるが、専用というわけではないのでブックボックスに衣服を入れてもよい。

購入する専用ボックスは、用途や入れるものの形状に合わせて3種類あるが、専用というわけではないのでブックボックスに衣服を入れてもよい。

アイテム一個単位で取り出せる「minikuraMONO」

minikuraMONOは、ボックスに入れたそれぞれの物を写真撮影してもらえ、一個単位で管理できるクラウド収納だ。250円で買ったボックスには最大30点の物が入れられ、荷物を送ると無料で撮影。月額保管料は250円となっている。
ボックスの中に入れたものが必要になったときは、一個単位で取り出せ、自宅まで配送できる。このアイテムごとの取り出し送料は800円だ。箱ごとの取り出し送料は850円だが、minikuraMONOも保管期間が1年3ヶ月以上なら無料となる。
スマホやパソコンから各アイテムを見られるため、なにを預けたか忘れる心配もない。集めたコレクションアイテムを預けておき、画面上でマイ・コレクションを眺めて楽しむこともできそうだ。

クリーニングやデジタルデータ化のオプションも

minikuraには、ボックスに入れた衣類をクリーニングしてから取り出したり、不要になったものは「ヤフオク!」への出品代行を頼んだり、写真アルバムのスキャンや8mm/VHSテープのDVD化などデジタルデータ化も含め、各種のオプションサービスも用意されている。

画像: 写真やビデオテープをデジタル化してCD/DVDを自宅に届け、原版は預けておくオプションサービスも有る。

写真やビデオテープをデジタル化してCD/DVDを自宅に届け、原版は預けておくオプションサービスも有る。

画像: minikuraのサービスはこの3種類のほか、ボックスを使わずアイテムを直接預けられる「minikuraダイレクト」も用意されている

minikuraのサービスはこの3種類のほか、ボックスを使わずアイテムを直接預けられる「minikuraダイレクト」も用意されている

荷物を預けたいけどトランクルームは高額だし運ぶ手段もない、と諦めていた人は、クラウド収納の活用を検討してみてはいかがだろうか。

◆大坪知樹
オーディオやPCといった記事を多く手がけてきたが、ガジェットはもちろん白物家電、クルマ・バイク、模型や玩具、時計に服・靴など基本的にモノが好きな物欲系フリーランスライター。

This article is a sponsored article by
''.