Wi-Fiには、2.4GHz(ギガヘルツ)帯と5GHz帯の2つの電波帯がある。これを知識として知っていても、実際にWi-Fiを使うとき、どう使い分けたらいいのか悩む人も多いだろう。その疑問に、ズバッと答えを出そう。また、どの電波帯を使うかを自動的に決定する仕組み「メッシュWi-Fi」についても解説する。【2019年3月14日更新】

動画を見るなら「5GHz」を使おう!

いま主流のWi-Fiは、「802.11ac」(略して11ac)という規格である。
これは、5GHz帯の電波を使う方式だ。

iPhoneを例にすると、11acが採用されたのは「iPhone 6」からで、最新の「iPhoneXS」でも、通信速度を徐々に高速化しながら一番速いWi-Fi規格として採用されている。

対して2.4GHz帯の電波を使うWi-Fi規格は「iPhone 5s」から採用された「11n」が最新版であり、以降、新規格は登場していない。
しかも2.4GHz帯の11nは、登場した時点で5GHz版の11nより遅い規格であった。

つまり、いま現在使われている2.4GHz帯のWi-Fiは、かなり古い規格であり、速度も遅い規格ということになる。
原則として、Wi-Fi規格は新しいほど速度が速いので、わざわざ古くて遅い規格である2.4GHz帯のWi-Fiを使う必要はない。
とくにスマホやパソコン、Fire TVなどのネットプレーヤーで動画を見るならば、Wi-Fiは5GHz帯で使うのが正解だ。

画像: 動画を観るならば、Wi-Fiは5GHz帯で使うのが正解だ。

動画を観るならば、Wi-Fiは5GHz帯で使うのが正解だ。

2.4GHz帯を使うのは、どんなとき?

では、2.4GHz帯はどんなときに使えばいいのだろうか。

一応、2.4GHzと5GHzのWi-Fi電波には、電波の性質的な違いがある。
2.4GHz帯は周波数が低いので、「障害物を迂回して遠くまで届きやすい」という特徴がある。
対して5GHz帯は「周波数が高いので、障害物による減衰(電波が弱くなる)が大きいが、近距離ならば速度低下しにくく、通信が途切れにくい」という特徴がある。

この特徴を踏まえ、Wi-Fiルーターが設置されている部屋で動画を観るなら5GHz、Wi-Fiルーターから離れた部屋なら2.4GHzという使い分けをするのがいいとされている。

しかし、これはあくまで一般論。実際はかなり事情が異なる。

現実的にみると、5GHz帯はWi-Fi専用といっていい電波帯であり、自宅で使用する場合には競合する電波が少ない。
対して、2.4GHz帯はWi-Fi以外にも使われる汎用の電波帯であるため、さまざまな機器がこの電波帯を使っている。

たとえば、Bluetoothも2.4GHz帯だし、コードレス電話も2.4GHz帯を使う。ラジオコントロールの模型も2.4GHz帯を使っており、Wi-Fi以外でも大変に混み合っている電波帯なのである。

画像: 規格が古く、競合する電波も多い2.4GHz帯は、速度に期待することはできない。

規格が古く、競合する電波も多い2.4GHz帯は、速度に期待することはできない。

2.4GHz帯を使うのは「それしか手段がないとき」

規格が古く、競合する電波も多い2.4GHz帯は、速度に期待することはできない。
では、2.4GHz帯はどんなときに使えばいいのか。

結論を言えば、「2.4GHz帯しか使えないとき」が、その答えとなる。

例えば、Wi-Fi装備のプリンターなど、2.4GHz帯にしか対応していない機器を使う場合には、2.4GHz帯を使うしかないわけだ。
2014年あたりに発売されたWi-Fi対応機器の多くは、2.4GHz帯にしか対応していない機器が多い。
また、それ以降に発売された機器でも、Wi-Fi対応生活家電などは、5GHz帯への対応が遅れたものが多く、2.4GHzにしか対応していないものが多い。
これらは2.4GHz帯に接続するしか手段がない機器である。

メッシュWi-Fiなら、2.4G 5Gの使い分けを意識しなくていい

Wi-Fiとは、Wi-Fiルーターとサテライト(中継器の一種)がセットになったもので、Wi-Fiルーターとサテライトの間、サテライトと端末(スマホなど)の間で、どの電波帯を使うかを自動的に決定する仕組みのこと。メッシュ

そのため、SSID(service set identifier=無線LANアクセスポイントの識別に用いられる文字列)は、2.4GHzと5GHzで同じものが使われ、ユーザーはどちらの電波帯につながっているのかわからない。

しかし、これこそが、メッシュWi-Fiの最大のメリットなのだ。
メッシュWi-Fiは、周囲の電波状況などを計測し、混線が少なく、電波強度が強い電波帯を自動的に選択する機能を持っているため、ユーザー側からみると、常に「速い方の電波帯」につながっていることになる。
常に高速通信が保証されたシステムとなっているわけだ。

ネットギアの「Orbi Micro」(RBK20)の場合、ルーター、サテライトともに、867Mbpsの5GHz帯を2系統、400Mbpsの2.4GHz帯を1系統備えたトライバンド機となっており、ルーターとサテライト間の通信に1つのバンドを占有させるため、サテライト経由の通信でも速度低下を招きにくくなっているので、おすすめだ。

画像: Orbi Micro メッシュWiFiシステム (RBK20) www.amazon.co.jp

Orbi Micro メッシュWiFiシステム (RBK20)

www.amazon.co.jp

まとめ

基本は「5GHz」で接続するのが良い。メッシュWi-Fiなら、電波帯を意識する必要はない!

◆福多利夫
デジタル家電関連の記事を得意とする、モノ系ホビー系のフリーライター。一般財団法人家電製品協会認定の家電総合アドバイザーでもある。長年にわたり月刊特選街の製作に携わり、現在は気になる分野を比較検証する「何でもズバッと比べ隊!」を連載中。パソコン関連の著書も多い。

This article is a sponsored article by
''.