Google PlayやYouTube、Amazonビデオをテレビの大画面で見る!

「Google Play」「YouTube」「Amazonビデオ」の動画は、基本的にはパソコンやスマホで見るものだが、テレビの大画面で見ると、楽しさが倍増する。

テレビでの視聴方法はいくつかあるので、順に紹介していこう。

まず、ネットの動画サービスに対応したテレビを使う方法。

現行のテレビ製品の多くは「YouTube」アプリが搭載されていて、メニューから選択すればテレビ画面で「YouTube」の動画を再生可能(東芝のレグザ、パナソニックのビエラ、シャープのアクオスなど、ほとんどのメーカーの製品が対応)。

最近は、「Amazonビデオ」が見られるテレビも増えている。

また、ソニーのブラビアなど、Android TV仕様の製品は、アプリをダウンロードできるので、「YouTube」も「Amazonビデオ」もアプリ追加で対応可能だ。

画像: 東芝・レグザの画面。ネット動画機能のメニュー画面には「YouTube」や「Amazonビデオ」のアイコンがある。

東芝・レグザの画面。ネット動画機能のメニュー画面には「YouTube」や「Amazonビデオ」のアイコンがある。

既存のテレビを、Android TVにする外付けツールもある。

例えば、ピクセラ・PIX-SMB110W-T。

この製品はリモコンにマイクが装備されており、「SF映画」などと発声すれば、ジャンルやテーマで検索することが可能。

また、テレビチューナーと1TバイトのHDDを装備しているので、本体だけでテレビ番組の録画もできる。

ピクセラ
PIX-SMB110W-T
実売価格例:3万9740円

画像: AndroidTV機能とHDDレコーダーが一体化した機器。本体をネットに接続し、アプリをインストール可能。

AndroidTV機能とHDDレコーダーが一体化した機器。本体をネットに接続し、アプリをインストール可能。

スマホの画面をテレビに表示させるのも手軽な方法だ。

GoogleのChromecastは、フルHD対応の標準モデルで、ネット動画転送ツールとしては最廉価クラス(4K対応の「Ultra」もある)。

スマホで動画を再生中に、メニューの「キャストボタン」をタップすれば再生映像がテレビに表示される。

また、Amazonには「FireTV」シリーズがあり、こちらはスマホなしでネット動画を再生できる。

Google
Chromecast Ultra
実売価格例:9720円

画像: テレビにHDMIで接続し、スマホの画面をテレビに映すツール。フルHDのノーマルモデルは実売価格が4980円となっている。

テレビにHDMIで接続し、スマホの画面をテレビに映すツール。フルHDのノーマルモデルは実売価格が4980円となっている。

画像: 操作はすべてスマホで行う。「キャストボタン」をタップすると、テレビにネット動画の画面が表示される。

操作はすべてスマホで行う。「キャストボタン」をタップすると、テレビにネット動画の画面が表示される。

Amazon
Fire TV
実売価格例:8980円

画像: こちらもテレビにHDMIで接続するプレーヤー。これ単体で受信・再生が可能。Androidとは仕様が異なるが、アプリの追加も可能。

こちらもテレビにHDMIで接続するプレーヤー。これ単体で受信・再生が可能。Androidとは仕様が異なるが、アプリの追加も可能。

画像: Fire TVのホーム画面。ここに表示される作品の大半はプライムビデオで配信。大手動画配信サービスにもアプリで対応している。

Fire TVのホーム画面。ここに表示される作品の大半はプライムビデオで配信。大手動画配信サービスにもアプリで対応している。

解説/福多利夫(フリーライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.