スマホのホーム画面に配置されている「設定」アプリは、使い始めはもちろん、Wi-Fi接続や、画面の明るさの調整などで頻繁に使うことになる。いわば、スマホの設定のすべてができる入口だ。

<疑問と悩み>
「設定」というアプリでは、何ができる?

⇒⇒スマホをより使いやすくするためのあらゆる設定がここでできる

「設定」アプリは、スマホの設定のすべてができる入り口だ。
iPhoneの場合、標準状態ならホーム画面の目立つ位置にある。Androidも多くの機種でホーム画面にショートカットが配置されている。

スマホを使い始めるときには、画面ロック時間の設定や、ロックを解除するパスコード作成、生体認証などを行う。また、画面の明るさの調整や、Wi-Fiへの接続、ブルートゥース機器への接続、各種機能へのアクセス権限、アプリからの通知許可などを行う際に、かなり頻繁に「設定」アプリを利用することになる。

iPhoneでもAndroidでも、設定項目はジャンル分けされ、多層構造になっていて、目的の項目を探すのに手間取る場合もあるが、「設定」アプリ内には検索枠があるので、これで目的の項目を探すこともできる。

●iPhoneとAndroidの「設定」画面

画像: iPhoneは、「設定」で、ハードウエアからアプリまで、すべての設定が行える。項目はジャンル分けされていて、基本的な設定は「一般」で行う。

iPhoneは、「設定」で、ハードウエアからアプリまで、すべての設定が行える。項目はジャンル分けされていて、基本的な設定は「一般」で行う。

画像: Androidも、「設定」で、すべての設定が行える。項目のジャンルが細分化されており、目的の設定画面を出すまで少し手間がかかる場合もある。

Androidも、「設定」で、すべての設定が行える。項目のジャンルが細分化されており、目的の設定画面を出すまで少し手間がかかる場合もある。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.