パナソニックは、BDレコーダー「ディーガ」の新製品として、新4K衛星放送用チューナーを内蔵した「DMR-4W400」(HDD容量4Tバイト)、「同4W200」(2Tバイト)、「同4S100」(1Tバイト)を発売した。BDへのダビングも、長時間モードのまま行うことが可能で、Ultra HDブルーレイの再生にも対応。

パナソニック
ディーガ DMR-4W400/4W200/4S100

4K長時間録画モードを搭載したBDレコーダーの最新モデル

●発売日:7月19日
●実売価格:4W400=13万7600円程度
4W200=10万5700円程度、4S100=8万5200円程度

パナソニックは、BDレコーダー「ディーガ」の新製品として、新4K衛星放送用チューナーを内蔵した「DMR-4W400」(HDD容量4Tバイト)、「同4W200」(2Tバイト)、「同4S100」(1Tバイト)を発売した。いずれも、業界初の4K長時間録画モード(1.5~4倍)を搭載しており、従来機より多くの番組を録画・保存できる。BDへのダビングも、長時間モードのまま行うことが可能だ。

また、「4W400」と「4W200」は、4Kチューナーを2基装備しているので、4K番組二つの同時録画も楽しめる。Ultra HDブルーレイの再生にも対応。

画像: DMR-4W400

DMR-4W400

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-981

This article is a sponsored article by
''.