地球温暖化を防ぐために、日本を含む世界各国が、2050年までに「カーボンニュートラル」達成を宣言しています。いったいカーボンニュートラルとは、なんでしょうか?「京都議定書」や「パリ協定」、「カーボンニュートラル」について解説しています。

解説者のプロフィール

一般財団法人 エネルギー総合工学研究所

1978年4月1日「財団法人エネルギー総合工学研究所」として設立。「エネルギーの未来を拓くのは技術である」との認識のもと、シンクタンクとしての研究活動を続けている。対象分野は地球環境、新エネルギー、電力システム、水素エネルギー、炭素循環エネルギー、原子力と多岐にわたり、とくに昨今では、CO2 の有効利用技術開発推進やカーボンニュートラルなど、脱炭素エネルギーシステム分野での最先端の情報を有する。著書に『図解でわかるカーボンニュートラル』(技術評論社)など。

本稿は『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! エネルギーのしくみ』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/添田あき、堀口順一朗、北嶋京輔

地球温暖化を止める?「カーボンニュートラル」

二酸化炭素を排出したぶん吸収。差し引きゼロにするのがカーボンニュートラル!

地球温暖化を防ぐために、日本を含む世界各国が、2050年までに「カーボンニュートラル」達成を宣言しています。
いったいカーボンニュートラルとは、なんでしょうか?
それは、温室効果ガスの排出量を可能な限り削減する努力を行うけれど、どうしても排出してしまったぶんを、植林やカーボンリサイクルなどで吸収して、温室効果ガスの量を差し引きゼロにすることです。

カーボンニュートラルの考え方

排出せざるをえなかった二酸化炭素などの温室効果ガスを、ほかの取り組みで削減して、±ゼロにするのが「カーボンニュートラル」。

画像: カーボンニュートラルの考え方

世界各国が地球温暖化対策を話し合うために、国連の主導のもと「国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)」という国際会議が、1995年から毎年開催されることになりました。
COPが大きく前進したのが、1997年のCOP3で採択された「京都議定書」と、2015年のCOP21で採択された「パリ協定」です。

本稿は『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! エネルギーのしくみ』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.