レトロなスタイルで、撮影はシャッターを押すだけ!

ロモグラフィーは、味のある描写で人気を博したロシア製35ミリコンパクトカメラ「Lomo LC-A」に端を発したブランドだ。

現在はフィルムカメラ、交換レンズ、フィルムなどを積極的に展開している。

今回紹介する「Lomo’Instant Square」は、富士フイルム「チェキ」用のフィルムが利用でき、「インスタグラム」のような正方形の写真が楽しめるインスタントカメラである。

ロモグラフィー
Lomo'Instant Square
実売価格例:2万8980円(Pigalle Comboパッケージ)

画像: 折り畳まれたレンズ部を引き起こすと、蛇腹が現れ、レトロな雰囲気が楽しめる。畳んだ状態は、実にコンパクトだ。サイズは幅15センチ×高さ12センチ×奥行き4センチ、重量は448グラム。

折り畳まれたレンズ部を引き起こすと、蛇腹が現れ、レトロな雰囲気が楽しめる。畳んだ状態は、実にコンパクトだ。サイズは幅15センチ×高さ12センチ×奥行き4センチ、重量は448グラム。

本機は、撮影スタイルも独特だ。

撮影時はまず、ボディに折り畳まれたレンズ部を手で引き起こす操作が必要。すると、ゴム引きの蛇腹がのぞく、レトロなスタイルに変わる。

この仕組みは、見た目の楽しさだけでなく実用性も高く、折り畳んだ状態はとてもコンパクトなので、可搬性もいい。

画像: 背面に操作ボタンが搭載されている。

背面に操作ボタンが搭載されている。

撮影も、極めて簡単だ。

ピント合わせこそ目測となるが、基本的にはシャッターボタンを押すだけ。

露光が終わるとカメラ上部からフィルムが出てくる。

画像: シャッターを切り、露光が完了すると、フィルムがカメラ上部から飛び出してくる。

シャッターを切り、露光が完了すると、フィルムがカメラ上部から飛び出してくる。

多重露光撮影が行えるほか、カメラの裏ぶたを交換すれば、スクエア(画面62ミリ×62ミリ)だけでなく、通常のチェキ用フィルム(画面62ミリ×46ミリ)も使用可能。

カメラ内に収納できるシャッターリモコンが用意されているのも、便利だ。

ロモらしく、アングルは成り行き任せで楽しみたい!

画像: やはり、プリントがその場で見られるのは楽しい。

やはり、プリントがその場で見られるのは楽しい。

アスペクト比1対1の正方形フォーマットは、アングルが決めづらいといわれる。

最初は被写体を真ん中に置くように撮影してみるといい。

もっとも、本機のファインダー精度は緩く、アングルは成り行きに任せるところも少なくない。

画像: ロモらしく、アングルは成り行き任せで楽しみたい!

撮影の際、忘れがちなのがピント合わせ(80センチ/1〜2.5メートル/無限遠)。

レンズの焦点距離は95ミリと長く、ピンボケになりやすいので、ピント位置を確認して撮影に臨みたい。

撮影は基本的に勘が頼りになるが、それもまた楽しい!

本機は、実にスローなカメラだ。

ファインダーの画角は正確とはいいがたいし、ピント合わせは目測。

露出補正機能はあるが、画像が完全にフィルム上に再現されるまでには時間を要するので、基本的には勘が頼りとなる。

しかし、それも撮影する楽しさの一つととらえてしまえば、これほど遊べるカメラはないといえそうだ。

解説&写真/大浦タケシ
◆Profile/宮崎県都城市生まれ。雑誌カメラマン、デザイン企画会社を経てフォトグラファーとして独立。ドローンは一昨年から本格的に取り組むが、静止画よりも動画を撮ることが多くなっている。

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.