「ISO感度」を高く設定すれば、それだけ高速なシャッターを使うことができる。だから、室内や夜景など光量に恵まれない状況でもストロボを使うことなく、被写体やカメラのブレが防げるのだ。ただし、高感度になるほど画質は劣化するので、高感度画質に力を入れている機種を選択したい。

最高感度はISO81万9200。解像感や階調に優れた撮影が可能

ペンタックス
KP
実売価格例:10万9690円(ボディ)

画像: 最高感度はISO81万9200。解像感や階調に優れた撮影が可能

他社のような常用感度(画質的に許容できる感度域)設定はないが、最高感度はISO81万9200と高い。

新センサー、エンジン、アクセラレーターユニットなどの連係で、解像感や階調に優れた高感度撮影ができる。

●撮像素子/APS-C ●有効画素数/2432万 ●AF測距点/27点 ●ISO感度/100〜81万9200
●連写/7コマ/秒 ●液晶モニター/3.0型 ●本体サイズ/幅131.5㎜×高さ101㎜×奥行き76㎜●重量/703g

画像: 日没後で、外灯の明かりも乏しい。そんな薄暗い状況で、ノンフラッシュ撮影。ISO2万5600に設定し、1/40秒の速度が得られた。ノイズ感も少なく、色再現や階調も良好。 ●18-55㎜レンズ(35㎜)●絞り優先AE●1/40秒●F5.6●WB太陽光●ISO2万5600

日没後で、外灯の明かりも乏しい。そんな薄暗い状況で、ノンフラッシュ撮影。ISO2万5600に設定し、1/40秒の速度が得られた。ノイズ感も少なく、色再現や階調も良好。
●18-55㎜レンズ(35㎜)●絞り優先AE●1/40秒●F5.6●WB太陽光●ISO2万5600

階調飛びやノイズを抑制した良好な画質

ペンタックス
K-1
実売価格例:20万4292円(ボディ)

画像: 階調飛びやノイズを抑制した良好な画質

ノイズ耐性に優れたセンサーと画像処理エンジン「PRIME IV」の組み合わせで最高感度はISO20万4800を達成。

高感度域でも階調飛びやノイズを抑制した良好な画質が得られる。

●撮像素子/35㎜フルサイズ ●有効画素数/3640万 ●AF測距点/33点 ●ISO感度/100〜20万4800 ●連写/4.4コマ/秒 ●液晶モニター/3.2型 ●本体サイズ/幅136.5㎜×高さ110㎜×奥行き85.5㎜ ●重量/1010g

従来よりも高画素化しながら高感度化を実現

キヤノン
EOS 5D Mark IV
実売価格例:38万660円(ボディ)

画像: 従来よりも高画素化しながら高感度化を実現

常用感度の最高値はISO3万2000で、拡張域の最高はISO10万2400。

新開発センサーと映像エンジン、新ノイズ低減処理の連係で、従来よりも高画素化しながら高感度化を実現。

●撮像素子/35㎜フルサイズ ●有効画素数/3040万 ●AF測距点/61点 ●ISO感度/50〜10万2400 ●連写/7コマ/秒 ●液晶モニター/3.2型 ●本体サイズ/幅150.7㎜×高さ116.4㎜×奥行き75.9㎜ ●重量/890g

解像感を維持しながら低ノイズの描写を見せる

ニコン
D500
実売価格例:19万9290円(ボディ)

画像: 解像感を維持しながら低ノイズの描写を見せる

拡張域の最高値はISO164万。

このモデルの登場時、その驚異的な数値に驚かされた。

常用感度の最高値もISO5万1200と高く、解像感を維持しながら低ノイズの描写を見せる。

●撮像素子/APS-C ●有効画素数/2088万 ●AF測距点/153点 ●ISO感度/50〜164万 ●連写/10コマ/秒 ●液晶モニター/3.2型 ●本体サイズ/幅147㎜×高さ115㎜×奥行き81㎜ ●重量/860g

解説/吉森信哉(フォトグラファー)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.