三菱電機は、液晶テレビ「REAL」の新ラインアップとして、4K/HDR対応の「XS1000シリーズ」を発売する。またシャープは、ポータブル液晶テレビ「AQUOSポータブル」3機種を発売した。注目のニューアイテムが目白押しだ。

4K衛星放送用のチューナーを内蔵した高性能液晶テレビ

三菱電機
REAL XS1000シリーズ

予想実売価格:58V型=36万7200円程度、50V型=28万800円程度、40V型=23万7600円程度

画像: LCD-A58XS1000

LCD-A58XS1000

三菱電機は、液晶テレビ「REAL」の新ラインアップとして、4K/HDR対応の「XS1000シリーズ」を発売する。新4K衛星放送用のチューナーを本体に内蔵しているのが特徴で、今年12月1日から始まるBS/110度CSでの4K放送を気軽に楽しめる。USB3.0準拠の外付けハードディスク(別売)を接続すれば、4K放送の録画も可能だ。また、DIATONE NCVスピーカーの採用により、クリアで臨場感あふれるサウンドも実現している。ネットワーク機能、無線LAN、ブルートゥースも搭載。サイズは、58V型、50V型、40V型。

好きな場所に持ち運んで楽しめる防水仕様のポータブル液晶テレビ

シャープ
AQUOSポータブル 2T-C16AP ほか

実売価格:C16AP=8万6300円程度、C12AP=7万円程度、C12AF=4万8500円程度

画像: 2T-C16AP

2T-C16AP

シャープは、ポータブル液晶テレビ「AQUOSポータブル」3機種を発売した。この製品は、モニター部とチューナー部を分離し、両者を無線LAN接続して利用するのが特徴。モニター部は防水仕様で、バッテリーも内蔵しているから、浴室・キッチン・寝室などに持ち運んで楽しめる。 今回発売されたのは、16V型(フルHD)の「2T-C16AP」と、12V型(HD)の「同C12AP」「同C12AF」。「C16AP」「C12AP」は、チューナー部に500GバイトHDDを搭載しているので、番組の録画も可能だ。また、同社のクラウドサービス「COCORO KITCHEN」にも対応しており、調理家電(ヘルシオ)とも連係する。

画像: シャープ AQUOSポータブル 2T-C16AP ほか

Ultra HDブルーレイも再生できるユニバーサルディスクプレーヤー

パイオニア
UDP-LX500

価格:19万9800円

画像: パイオニア UDP-LX500

オンキヨー&パイオニアは、パイオニアブランドのユニバーサルディスクプレーヤー「UDP-LX500」を発売した。制振性と剛性に優れた「リジッド&クワイエットBDドライブ」を搭載しており、CD、SACD、DVD、BDから、最新規格のUltra HDブルーレイまで、さまざまなディスクを高品位に再生できるのが特徴。デジタルオーディオ系回路とビデオ系回路をオフにする「ダイレクト機能」も備えているので、アナログ音声出力の純度をさらに向上させることも可能だ。HDMI2系統による映像信号と音声信号のセパレート出力にも対応。

ハッセルブラッド製カメラ採用機とズームレンズ搭載機が初登場

DJI
Mavic 2 Pro/Mavic 2 Zoom

価格:Mavic 2 Pro=18万9000円、Mavic 2 Zoom=16万2000円

画像: Mavic 2 Zoom

Mavic 2 Zoom

DJI JAPANは、空撮ドローンの最上位モデルとして、4K動画を撮影できる「MAVIC 2 PRO」と「MAVIC 2 ZOOM」を発売した。2年前に登場した「MAVIC PRO」の後継機で、新しいジンバル機構やDJI初の全方向障害物検知システムの搭載により、撮影と飛行の安定性を高めている。「MAVIC 2 PRO」は、1型CMOSセンサーを採用したハッセルブラッド製の高性能カメラを搭載。F2.8〜11の範囲で絞り調整も行える。「MAVIC 2 ZOOM」は、民生用初となるズームレンズ(光学2倍)を搭載しており、これまでにない映像製作が楽しめる。

画像: Mavic 2 Proのカメラ部分

Mavic 2 Proのカメラ部分

画像: Mavic 2 Zoomのカメラ部分

Mavic 2 Zoomのカメラ部分

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.