Wi─Fiルーターのセキュリティが不安な時でも、自宅でWi─Fiルーターを使う場合、工場出荷状態のままで使用している限り、原則的には、パスワード以外は設定を変更する必要はない。とはいえ、もし、自宅にWi─Fiルーターがあることを知られたくないというのであれば、「ステルスSSID」を設定するのもいいだろう。

セキュリティが不安なんだけど、どうすればいい?

自宅でWi─Fiルーターを使う場合、工場出荷状態のままで使用している限り、セキュリティに関しては、最高レベルのものが実施されていると考えていい。原則的には、パスワード以外は設定を変更する必要はない。

とはいえ、もし、自宅にWi─Fiルーターがあること自体を他人に知られたくないというのであれば、「ステルスSSID」を設定するのもいいだろう。これは、Wi─Fi設定画面に、自宅のWi─FiルーターのSSIDが表示されなくなるというもの。自分でつなぐ場合も、接続時にSSIDとパスワードの両方を手動で入力するという手間がかかるが、第三者にはWi─Fiルーターの存在を知られることがないので、セキュリティ的には万全といえる。

ステルス機能をオンにすれば万全

画像: Wi-Fiルーターの標準設定内容はかなり安全なので、いじらないのが原則。ヘタに触って安全性を低下させないほうがいい。ただ、時には設定変更が必要な場合もあるだろう。「ステルスSSID」の項目で、この機能をオンにすれば、他人にWi-Fiルーターの存在を知られないで済む。

Wi-Fiルーターの標準設定内容はかなり安全なので、いじらないのが原則。ヘタに触って安全性を低下させないほうがいい。ただ、時には設定変更が必要な場合もあるだろう。「ステルスSSID」の項目で、この機能をオンにすれば、他人にWi-Fiルーターの存在を知られないで済む。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.