Crosszoneは、ボーカル音像が目の前に浮かび上がる独自の「頭外定位」を可能にして大きな話題となった。今回テストしたのは、その2号機「CZ-10」。1号機に比べ小型・軽量・低価格化を実現。筆者は、ボーカル曲、クラシック、ジャズを臨場感豊かに楽しんだ。またテレビの音(映画やドラマ)にもぜひおすすめだ。

今回のテストアイテムはこちら
クロスゾーンCrosszone CZ-10

実売価格例:9万7200円

●プロフィール
独自の「頭外定位」を実現し注目を集めたヘッドホン、CZ-1の弟機。音質や独特の装着感はそのままに、小型・軽量化を果たした。ハウジングやヘッドバンドは樹脂製だが、表面のシボ加工により、質感に優れた仕上がりだ。

画像: やや大柄なフォルムのオーバーヘッド型。ハウジング部分にある金色のパーツは、「頭外定位」を実現するための特殊なポート(管)だ。

やや大柄なフォルムのオーバーヘッド型。ハウジング部分にある金色のパーツは、「頭外定位」を実現するための特殊なポート(管)だ。

SPEC
●型式/密閉型ダイナミック●再生周波数帯域/20Hz〜40kHz●インピーダンス/75Ω●出力音圧レベル/99dB●重量/385g●付属ヘッドホンケーブル/1.5m(3.5㎜径プラグ)、3.5m(6.3㎜径プラグ)

■ハウジング内には三つのドライバーを内蔵

画像: ハウジングの内側に見えているのが、中高音用ドライバー。このほかに、低音用ドライバーと反対側の音を再生するドライバーを内蔵している。

ハウジングの内側に見えているのが、中高音用ドライバー。このほかに、低音用ドライバーと反対側の音を再生するドライバーを内蔵している。

■フィット感にこだわった構造を採用

画像: 頭の形状や大きさによって側圧が変化しにくい独自の構造を採用し、長時間の使用でも疲れにくい。ケーブルは着脱式で(2本付属)、接続時に左右の区別は不要。

頭の形状や大きさによって側圧が変化しにくい独自の構造を採用し、長時間の使用でも疲れにくい。ケーブルは着脱式で(2本付属)、接続時に左右の区別は不要。

低価格化を実現した「頭外定位」 の2号機

ボーカル音像が目の前に浮かび上がる「頭外定位」を実現し、大きな話題となったCrosszone。本機は、その2号機である。より多くの人が使いやすいように低価格化を実現したが、ベリリウムコーティングを施したドライバーを左右で計6個内蔵するなど、1号機と同等の音質を維持している。

「頭外定位」は、"音質のいい部屋での再生音"をヘッドホンで実現するもので、右耳にはメインの右側の音だけでなく、左側からの反射音なども再生される仕組みだ。部屋の反射音を再現するために、ハウジング内部には複数のダクトを装備し、心地いい響きに仕上げられている。

クラシックは、ホールで演奏を聴いているよう

まず、ボーカル曲を聴いてみると、目の前にボーカルがみごとに定位する。一般的なヘッドホンのような頭の中に定位する感じ(頭内定位)がなく、より自然な感触だ。音場の広がりも豊かで、音に包まれているような感覚は、ヘッドホン再生というよりも、スピーカー再生に近い。  

反射音を再現するため、多少、響きが付加されているのだが、聴き比べてわかる程度のごくわずかなもの。しばらく聴いていると、とても自然な聴こえ方に感じてくる。

クラシックなどは、コンサートホールで演奏を聴いているようだし、細かな音までつぶさに描き出され、情報量の豊かさと音場の広さがみごとに両立している。

ジャズでは、熱気あふれる演奏を、ごく間近で聴いているようで、リアルな感触の音も聴こえてきて、実に楽しい。よりライブ感のある音を目指した勢いのある低音再現は、ノリのいいグルーブ感がよく伝わってくる。

一般的なヘッドホンの聴こえ方が気になっているという人に、ぜひおすすめしたい。

おすすめ度…A

ボーカルが目の前でみごとに定位。 スピーカー再生に近い独特の音場感

ココが〇

音が目の前から出ている感覚は、テレビの音を聴く場合にもよく合う。映画やドラマも音場の広さがあり、臨場感豊かに楽しめた。

ココが×

部屋の反射音を再現しているせいか、特殊な録音や音の加工を多用した楽曲は、音の響きが強調ぎみになる。すなおな録音の曲が合う。

※文中の「オススメ度」は、「A+」から「C-」までの9段階評価になっています。

※価格は記事作成時のものです。
解説/鳥居一豊 (AVライター)

This article is a sponsored article by
''.