光回線のサービスは、日々進化している。ここでは速度アップやコストダウンのポイントを解説しよう。ネットが遅い原因を調べる方法や通信方式の変更で「遅さ」を解消できるかもしれない。

Googleで簡単に調べられる!

ネットが遅い原因はいろいろ。まずは回線速度を測定してみよう

ネットが遅いと感じたら、速度を測定することで原因を特定できる。計測にはGoogleの「インターネット速度測定」を利用し、Wi-Fi接続と有線接続の両方で行おう。

有線接続時は、パソコンとホームゲートウェイもしくはONU(光回線終端装置)をLANケーブルで直結して行う。測定の結果、下りで100Mbpsあれば十分な速さだ。

Googleの速度測定サービスで計測

ブラウザーで「インターネット速度」と検索し、検索結果のいちばん上に表示された「速度テストを実行」をクリックして測定する。

画像1: ネットが遅い原因はいろいろ。まずは回線速度を測定してみよう

Wi-Fiだけが遅い場合は、Wi-Fiルーターやパソコン内蔵のWi-Fiの原因が考えられる。規格が古いなら、できれば最新のWi-Fi6対応製品への買い替えなどを検討したい。

Wi-Fi6対応ルーターへの買い替えを検討

Wi-Fiルーターの規格が古い場合は、Wi-Fi6対応製品への買い替えがおすすめ。こちらは、複数台の子機を同時接続しても安定した通信が可能。

NEC
Aterm WX3000HP
実売価格例:1万4080円

画像2: ネットが遅い原因はいろいろ。まずは回線速度を測定してみよう

一方、有線接続でも遅いなら、接続しているLANケーブルの規格をチェック。「CAT6A」以上のケーブルに取り替えよう。それでも改善しない場合は、回線自体に原因がある可能性が高い。回線プランを確認し、より高速なコースへの変更を検討したい。

回線自体が遅いなら乗り替える手も

回線プランがそもそも遅いなら、乗り替えも検討しよう。最近は、「フレッツ光クロス」などの最大速度10Gbpsの光回線も登場。

画像3: ネットが遅い原因はいろいろ。まずは回線速度を測定してみよう

夜間など混雑時間帯だけ速度が下がるなら、最新の通信方式「IPv6 IPoE」で速度が安定する場合がある。プロバイダーが対応しているか確認してみてほしい。

混雑時のみ遅い場合は「IPv6 IPoE」で改善

大手プロバイダーの多くが、「IPv6 IPoE」に対応。対応ルーターなどが必要だが、この通信方式に切り替えれば混雑を回避できる。

画像4: ネットが遅い原因はいろいろ。まずは回線速度を測定してみよう

通信方式の変更で「遅さ」を解消できるかも

IPoE接続で混雑解消!フレッツユーザーは特に注意!

NTTのフレッツ光(光コラボも含む)の多くのユーザーが悩まされているのが、夜間や週末の速度低下。これは、その時間帯にネット利用者が増え、「輻輳(ふくそう)」と呼ばれる渋滞が起こるのが原因だ。

フレッツ光では、「PPPoE」という接続方式が使われており、この際に経由する「網終端装置」が混雑の要因となっている。一方、プロバイダーの一部では「IPoE」という新しい接続方式も提供しており、こちらは網終端装置がないため混雑しにくい。つまり、IPoEで接続すれば、混雑を回避して速度低下を防げるわけだ。

接続方式と速度の関係

よく誤解されるが、IPv6だから速いわけではない。IPv6でもPPPoEで接続していれば混雑は回避できない。

接続方式
PPPoEIPoE
接続できるサイトIPv4/IPv6IPv6のみ
混雑時の速度低下安定

ただし、接続方式によって、情報をやり取りする仕組みである「IP」(インターネットプロトコル)に違いが出てくる。PPPoEでは、古くから使われている「IPv4」と新しい「IPv6」の両方のサイトの表示が可能。

IPoEの弱点をクリアする「IPv4 over IPv6」

IPv4 over IPv6では、IPv4のパケットをあたかもIPv6であるかのように見せかけることで、IPoE接続のまま通信できる。

画像: IPoE接続で混雑解消!フレッツユーザーは特に注意!

しかし、IPoEではIPv6しか扱えず、IPv4のサイトは表示できない。IPoE接続に対応するプロバイダーの中には、IPv4にアクセスするときのみPPPoEを利用するところもあるが、それでは混雑が回避できない。

そこで最近普及し始めたのが、「IPv4 over IPv6」という技術。IPoE接続のままIPv4も扱えるため、速度が低下しないのがメリットだ。IPv4 over IPv6は、大手プロバイダーの多くで無料オプションとして提供されている。利用しているプロバイダーが対応しているか確認し、乗り替えも含めて検討してみてほしい。

「IPv4 over IPv6」に対応する主要プロバイダー

プロバイダーサービス名採用方式月額料金
OCNIPoEインターネット
接続機能
OCNバーチャル
コネクト
無料
BIGLOBEIPv6オプションIPv6オプション無料
So-netv6プラスv6プラス無料
ぷららぷららv6
エクスプレス
OCNバーチャル
コネクト
無料
Yahoo! BBIPv6高速ハイブリッド
IPv6 IPoE+IPv4
IPv6 IPoE+IPv4
ハイブリッドサービス
467円(税別)
アットニフティv6プラスv6プラス無料
DTIIPv6(IPoE)
接続サービス
v6プラス無料
※必須となる光BBユニットのレンタル代

「IPv4 over IPv6」対応ルーターがプロバイダーによって異なる

大手プロバイダーの多くが、「IPv4 over IPv6」に対応し、この通信方式に切り替えれば混雑を回避できる。

画像: (画面はOCNの対応ルーターの一覧表)

(画面はOCNの対応ルーターの一覧表)

ただし、プロバイダーによってIPv4 over IPv6の方式が異なり、導入には対応ルーターが必要になる場合があるので注意しよう。

※価格は記事作成当時のものです。

■解説/宮下由多加(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.