今、デジタル一眼カメラの中で人気なのが「ミラーレス」である。一眼レフよりもコンパクトで、デザイン性にも優れたモデルが少なくない。レンズ固定のコンパクト機やスマホからミラーレス一眼にステップアップする人も増えているようだ。
だが実際の性能は使ってみないとわからない。そこで、画質や使い勝手を1台ずつチェックしていこう。今回は、富士フイルムのエントリーモデル、X-A5だ。

評価項目

①フルオート画質
フルオートモードで遠景の解像感やオートホワイトバランス、露出レベル、発色などについてチェックした。
②操作のわかりやすさ
全体的な使い勝手のよしあしや持ちやすさ、初心者向けの撮影補助機能、特徴的な部分についてチェックした。
③持ち歩きやすさ
カメラ本体だけでなく、キットレンズを装着しての大きさや重さ、手に持ったときの重量感などをチェックした。
④スマホとの連係
Wi-Fiなどを利用して簡単にスマホと接続できるかどうか、スマホアプリの機能などについてチェックした。
⑤自撮りのしやすさ
モニターを前側に向けた状態で自分撮りを行う際の機能、撮りやすさ、構えやすさなどをチェックした。自撮りに非対応のモデルは評価をしていない。
⑥コストパフォーマンス
機能や性能に対する価格の妥当性、買い得感をチェックした。ほかの機種とも比較しながら判定している。

キットレンズが小型化され携帯性がアップ。画質も良好で、自分撮りのための機能も充実

富士フイルム
X-A5
実売価格例:4万9990円(ボディ)

画像: 富士フイルム X-A5 実売価格例:4万9990円(ボディ)

同社のローエンドに位置づけられるお手ごろ価格のシンプルモデル。レトロ調のデザインを採用した小型軽量なX-Aシリーズ最新機だ。

先代よりもAFが高速化したほか、高感度化も実現している。タッチ&チルト液晶モニターで自分撮りにも対応。スマホとの連係が容易なブルートゥースが追加されるなど、機能の強化が図られている。

X-A5は、キットレンズが、従来タイプよりもコンパクトな沈胴式の電動ズームに変更された。そのおかげで、ボディとセットで500グラムを切り、エントリークラスらしい携帯性に仕上がっている。

基本的な操作系は、モードダイヤルと二つの電子ダイヤルによるもので、アナログ感覚の上位モデルとはまったくの別物だ。が、この価格帯で二つの電子ダイヤルを備えたカメラはほとんどなく、カメラ慣れした中〜上級者でも使い勝手に不満は感じないだろう。

画像: 背面側上部に縦にレイアウトされているサブコマンド(電子)ダイヤル。露出調整や自分撮り時のシャッター操作などに活躍する。

背面側上部に縦にレイアウトされているサブコマンド(電子)ダイヤル。露出調整や自分撮り時のシャッター操作などに活躍する。

撮像センサーは、先代のX-A3とほぼ同じ有効2424万画素だが、新しく像面位相差検出AFに対応。91点(左右13点×上下7点)のうち、画面中央部の35点(左右7点×上下5点)のエリアでスピーディなピント合わせが可能。先代の2倍のAF速度になっているのだからうれしい。

フルオートモードは、割と積極的に感度を上げてブレを抑えるタイプ。実写では、ISO3200ぐらいまでは実用的な画質が得られた。遠景の解像感も良好。発色はフィルムメーカーならではのもので、プロやハイアマチュアから高く評価されている。

液晶モニターは上向き180度まで開くチルト式で、前側に向けると同時に、自動的に顔検出がオン、瞳AFがオートに切り替わる。美肌モードに設定しておけば、肌の調子を明るく滑らかに仕上げることもできる。

おもしろいのは、背面側の電子ダイヤルの機能も自分撮りモードに切り替わるところ。電動ズーム設定をオンにしておくと、左右に回してズーミング、押し込むとシャッターが切れる。3秒のセルフタイマー付きで、押してからポーズを決める余裕がある。通常のシャッターボタンは押すとすぐ撮れるので、うまく使い分けるといい。

スマホとの連係にはWi-Fiとブルートゥースを併用する。初回のみアプリからのペアリング登録が必要だが、手順は簡単だ。リモート機能などはX-E3と同じ。撮影した画像の自動転送などもサポートする。

画面中央部が位相差検出AFになった

画像: 画面中央部が位相差検出AF対応となり、従来モデルよりもAFがぐっと速くなった。おかげで撮影は快適。シャープさや発色なども申し分ない。

画面中央部が位相差検出AF対応となり、従来モデルよりもAFがぐっと速くなった。おかげで撮影は快適。シャープさや発色なども申し分ない。

こんな人におすすめ!

キットレンズが小型・軽量化されたおかげで、初めての人にも苦になりにくい大きさと重さになった。2電子ダイヤル式なので、中〜上級者にもいい一方、低予算派にもうれしい一台だ。

主要スペック
撮像センサー:APS-C 最高感度:ISO5万1200 電池寿命(CIPA):450枚 有効画素数:2424万 最大連写速度:8コマ/秒 サイズ:幅116.9㎜×高さ67.7㎜×奥行き40.4㎜ 重量:361g

解説/北村智史(カメラライター)

※価格は記事制作時のものです。

▼関連記事はこちら
パナソニック・DC-GX7 MarkⅢ
富士フイルム・X-E3
オリンパス・E-PL9
キヤノン・EOS Kiss M
オリンパス・OM-D E-M10 MARKⅢ

This article is a sponsored article by
''.