レンズ

〈ニコン Zfcのレンズ選び〉人気ミラーレスカメラ「ニコン Z fc」の魅力を引き出せるベストマッチレンズはこれだ!
2021年7月に発売された「ニコン Z fc」は、デザイン要素にフィルムMF一眼レフカメラ「FM2」の要素を取り入れた、ニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)のミラーレスカメラです。1982年発売のFM2は、長年愛された人気モデルでした...

レビュー暮らし・生活・ペット

【富士フイルム】新開発のイメージセンサーと画像処理エンジンを搭載したミラーレスデジタルカメラ
富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」の最新モデルとして「FUJIFILM X-H2」を発売した。本機は、新開発となる裏面照射型約4020万画素の「X-Trans CMOS 5 HR」センサーと、高速画像処理エンジン「X-P...

文具・ホビー・カメラ

【1万円台の超広角レンズ】普段使いに最適 パーギアの「PERGEAR 12mm F2」を実写チャートで検証
PERGEAR(パーギア)をご存じでしょうか?カメラ・レンズ好きなら「最近、突如現れた超低価格のレンズブランドだっけ?」といったレベルで認識しているのではないでしょうか。最近では12mmの超広角レンズ「PERGEAR 12mm F2」を17...

文具・ホビー・カメラ

【軽量小型の超広角レンズ】作品撮影だけでなく取材や記録にも活躍 使い勝手のよさが魅力の「LAOWA 11mm F4.5 FF RL」
LAOWA(ラオワ)といえば、最大撮影倍率が等倍を超える「どアップ」を可能にする2.0倍マクロレンズや、35mm判フルサイズ対応の9mmレンズといった高性能な超広角レンズで、カメラ愛好家に認知されているレンズブランドです。そんなラオワが、質...

文具・ホビー・カメラ

【100mmマクロレンズ】ほぼパーフェクト!「SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art」を実写チャートで検証
広角・標準・望遠ズームにプラスして、100mmのマクロレンズ。プロカメラマンが仕事をする際の最低限といえるレンズラインアップのなかでも、ほぼ最初に出てくる単焦点レンズといえるでしょう。そのため、カメラメーカー純正はもちろん、さまざまなメーカ...

文具・ホビー・カメラ

【背景ぼかしの基本】我が子を引き立たせたい!開放F値の暗いキットズームレンズ「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」でコツを紹介
子どもが生まれ、写真を撮っていると、掲載した作例のように「子どもの背景をぼかして撮影するにはどうしたらよいのか」という質問が受けることがあります。あまり考えずに「明るい単焦点レンズ、50mmなら1万円程度から入手できますよ」と答えていました...

子供文具・ホビー・カメラ

【赤ちゃん撮影におすすめ】マクロレンズは必携!「LAOWA 100mm F2.8 2X Ultra Macro APO」で小さなパーツをアップで撮る
筆者に子どもが生まれて約1カ月、日に日に成長する息子を撮影しています。そんななか予想以上に活躍してくれているのが100mmマクロレンズです。大きくアップで花や昆虫、小物などを撮影するイメージの強いマクロレンズ、いったいなにが普通にレンズと違...

文具・ホビー・カメラ

【子供の撮影におすすめなレンズ】標準50mm単焦点が便利!筆者が第一子誕生に「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art」を選んだ理由
私事で恐縮ですが、子どもが生まれました。第1子です。数多くのレンズを試してきた身としては、どのレンズで最初の1枚を撮るかをさんざん悩みました。その結果、やはり子どもを撮るならなにかと便利で写真の基本である50mmの単焦点に立ち戻りました。結...

子供文具・ホビー・カメラ

【世界最広角レンズ】画角135度!ラオワ9mm F5.6 W-Dreamerの実力
2020年8月7日、35mm判フルサイズミラーレス一眼用に設計された世界最広角レンズが、日本国内で発売されました。中国の新興レンズメーカー・ラオワのLAOWA 9mm F5.6 W-Dreamerです。 執筆者のプロフィール齋藤千歳(さいと...

文具・ホビー・カメラ

【Irixの標準レンズ】アイリックス45mmF1.4を徹底レビュー!ポートレートにも風景にも対応できる究極の一本
「写真家によって考案された、写真家のための究極のレンズ」をコンセプトとする新興レンズブランド・アイリックス初の標準レンズがIrix 45mm F1.4 Dragonflyです。このIrix 45mm F1.4 Dragonflyを使い、各種...

文具・ホビー・カメラ

【究極レンズ】Irix(アイリックス) 15mm F2.4 は 夜景・星景・暗闇撮影で真価を発揮!
2020年春から日本での正式販売がはじまったアイリックス(Irix)レンズ。なかでも、今回紹介する、Irix 15mm F2.4は、「インフィニティクリック」「フォーカスロック」「フォーカスキャリブレーション」を採用し、明るい超広角レンズな...

文具・ホビー・カメラ

【リコー WG-70】プロの評価は?タフさとデジタル顕微鏡モードがすごい
ここでは、リコー「WG-70」を実証診断! 本機は、水中をはじめ、タフなシーンでの撮影に対応している。また、リーズナブルな価格も魅力でありながら、1200万画素で花に肉薄できる顕微鏡モードもすごい。海水浴や登山などのアウトドアスポーツで気軽...

文具・ホビー・カメラ

【富士フイルム X100V】プロの評価は?OVF・EVFの切り替えが可能なハイブリッドファインダーの性能は?
「X100V」(富士フイルム)は、高級タイプのコンデジで今季の注目モデル。レンズ交換は必要ないが、高性能なミラーレスや一眼レフ並みの高画質で撮りたい人におすすめだ。また、高性能なだけでなく、所有する満足感や操作する楽しみが欲しい人にも向いて...

文具・ホビー・カメラ

【ニコン D780】プロの評価は?AF-S24〜120ミリレンズで実写診断
ニコン「D780」は、今季の注目すべきニューモデルだ。一眼レフらしさや光学ファインダーの見やすさにこだわりのある人向けで、大きさと重さが苦にならないなら、さまざまなジャンルの撮影に柔軟に対応できるのがいい。 信頼感や重厚感が伝わるマグネシウ...

文具・ホビー・カメラ

【キヤノン EOS Kiss X10i】プロの評価は?実写での画質をレビュー
本機の実写画質は、価格から考えれば良好という印象だ。キットレンズが低価格タイプだけに物足りなさはあるものの、マニア目線で見なければ十分に及第点。高感度での画質も良好。逆に考えると、レンズさえおごれば、いい写りが楽しめるカメラだともいえる。 ...

文具・ホビー・カメラ

【富士フイルム X-T200】プロの評価は?キットレンズ「XC15〜45ミリ」で実写診断
富士フイルム「X-T200」について詳しく解説する。フィルムカメラが好きな人なら本機も気に入るのではないかと思う。プロ、ハイアマチュアにも人気の”富士フイルムの色”を試してみたい入門者にはおすすめ。 マッチングのいい交換レンズが少ないのが残...

文具・ホビー・カメラ

【富士フイルム X-T4】プロの評価は?キットレンズ16〜80ミリで実写診断
本機は、クラシックカメラ然とした外見のハイアマチュア向けモデルだ。ISO感度やシャッタースピード、露出補正などの操作をメカニカルなダイヤルで行えるのが持ち味だが、グリップ前後の電子ダイヤルを使えば、今ふうの操作にも対応できる。バリアングル式...

文具・ホビー・カメラ

【ニコン Z50】プロの評価は?AF・実写画質はどう?
キットレンズも含めた軽快さが魅力のニコン「Z50」。風景などをシャープに撮りたい人におすすめだ。また、AFや連写性能の高さを生かしてスポーツ撮影などにも向いている。 液晶モニターは下向きに開き、自分撮りに対応ミラーレスAPS-CニコンZ50...

文具・ホビー・カメラ

【ソニー α9II】ハイスペックミラーレスのプロの評価は?瞳AFの性能は?
ソニー「α9II」を実証診断! 瞳AFは、人物はもちろん犬や猫などの動物にも対応しているため、動きものを撮る人には最良だ。ただし、ハイスペックモデルだけに、組み合わせるレンズにもお金がかかる。機能と性能のためには予算を惜しまない上級者向けと...

文具・ホビー・カメラ

【シグマ fp】プロの評価は?手ブレ補正なしでの写りはどう?
明るくない屋外でも手ブレを起こすことなく撮影できるシグマ「fp」を解説する。本機は、フルサイズの写りを軽快に楽しめるのがいちばんの強み。街歩きしながらのスナップなどには好適で、シャープな描写を生かして風景や山登りなどの撮影にも向いていると言...

文具・ホビー・カメラ

【キヤノン EOS M200】プロの評価は?スマホの画質と比べてどう?
今季も、ミラーレスや一眼レフ、コンパクトデジカメに注目すべきニューモデルが登場している。そこで今回は、キヤノン「EOS M200」を実写診断! 暗いシーンでの画質やボケなどの面でスマホ画質に不満、ワンランク上のカメラが欲しい人には好適。小型...

文具・ホビー・カメラ

【オリンパス OM-D E-M5 MarkIII】プロの評価は?発色・AFなどを実写診断
最新のミラーレスモデルを実写判断! ここでは、オリンパス「OM-D E-M5 MarkIII」を紹介する。小型・軽量なシステムながらシャープな写りで発色も鮮やかなのがいい。 スポーツなどでの決定的な瞬間も逃さずとらえるミラーレスマイクロフォ...

文具・ホビー・カメラ

【オリンパス OM-D E-M1 MarkIII】プロの評価は?先代モデルとの違いを実写診断で採点
最新モデルの気になる実力を、プロが実写でズバリ診断!オリンパスのフラッグシップたるE-M1シリーズの最新モデル。AFの性能向上や、ライブND、ジョイスティックの装備など、見逃せない進化点も多い。 システム全体でコンパクトなのでネイチャー系に...

文具・ホビー・カメラ

【ミラーレスの交換レンズ】ソニー・α用ならTAMRONの「28-75mm F2.8 Di III RXD」が入門用に最適
最近のミラーレス用交換レンズは、高性能化・大型化・高価格化が目立つ。最新のミラーレス用レンズは、一眼レフ時代のレンズと比べ、確実に画質が向上している。そのぶん、サイズは大きく、価格も高価だ。ここでは、キヤノン「RF28-70mm F2 L ...

文具・ホビー・カメラ

【ミラーレス一眼】レンズの焦点距離スペックの見方「35ミリ判画角換算方法」を目安にしよう
レンズの画角は焦点距離の数値の違いで変わる。だが、同じ焦点距離でも、撮像センサーのサイズが変わると、写る範囲も変わってくる。比較基準として、フィルムカメラ時代に主流だった35ミリ判が、焦点距離の換算数値として広く利用されている。レンズを選ぶ...

文具・ホビー・カメラ

【ミラーレス一眼入門】交換レンズ選びで知っておくべき4つのポイント
交換レンズを選ぶ際には、焦点距離や価格を確認するだろが、他にもチェックしておきたいことがいくつかある。例えば、手ブレ補正機構の有無、レンズのグレード、「最短撮影距離」の数値、「最大撮影倍率」など、4つのポイントを紹介しよう。ミラーレス一眼の...

知識文具・ホビー・カメラ

【ミラーレス一眼】価格が安いのは「レンズキット」?単体で購入する場合と比べてどのくらいお得?
ミラーレス一眼を購入する際、レンズとボディをそれぞれ買うか、交換レンズがセットになったレンズキットを買うか迷う人も多いのではないだろうか。価格面でお得なのはやはりキット製品だ。ここでは、キヤノン・EOS Kiss Mを購入するケースで、キッ...

文具・ホビー・カメラ

【ミラーレス一眼のレンズ交換】取り付け・取り外し時の注意点
ミラーレス一眼のレンズ交換は難しそうだというイメージを持っている人も多いかもしれない。だが、マウント方式の操作手順さえ知っておけば、取り外しも取り付けも簡単だ。ミラーレスのレンズ交換のポイントを紹介する。レンズ交換って簡単にできる? 難しく...

知識文具・ホビー・カメラ

【ミラーレス一眼の交換レンズ】純正レンズのラインアップは?レンズメーカー「シグマ」の性能・価格にも注目!
ミラーレス一眼を選ぶ際に注目したいのが交換レンズの数だ。ボディとレンズの互換性は、採用されるマウント規格によって決まる。つまり、違うメーカーでも、マウントが同じなら使用できるし、同じメーカーでもマウントが違えば使用できないのだ。ここでは、各...

文具・ホビー・カメラ

【一眼カメラ】レンズの「明るさ」や「F値」とは?背景のボケ描写を比較
「F値」とは、レンズを通過する光の量を示す指標のこと。この数値が大きくなるにつれ、内径が小さくなる。レンズの名称にある「F2.8」「F4.0」などの表記は、解放F値といわれ、この数値が小さいほど明るいレンズということになる。 レンズの「明る...

文具・ホビー・カメラ

【カメラ用レンズキャップ】もうなくさない!様々なサイズにフィットする「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」
カメラ用のレンズキャップはメーカーやレンズによって口径がまちまちだ。レンズ交換の際の付け替えに手間がかかるし、紛失することも多々…。その不満点を解消したレンズキャップが「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」だ。様々なサイズのレンズにフィッ...

【カメラ女子におすすめ】おしゃれでかわいい!しかも性能が良くて個性的なカメラ「5選」
デザインやカラーリングがかわいくて、小型軽量で扱いやすい。これらは“カメラ女子”におすすめするカメラの条件である。しかし、せっかく新しいカメラを買うのなら、かわいいだけじゃなく、性能(写りや操作性など)が良くてライバル機とはひと味違う特長を...

文具・ホビー・カメラ

【レンズマウントの基礎知識】フランジバックとは?マウントアダプターとは?
一眼レフと同様、レンズを交換できるミラーレス一眼において重要なのがレンズのマウント。マウントによって、装着できるレンズが違ってくる。またミラーレス一眼で使用できる交換レンズには、目的に合わせてさまざまな種類がある。選ぶうえでのポイントは、「...

文具・ホビー・カメラ

【カメラ上達テクニック】いい写真が撮れる「絵作り・表現」の3つのコツ
写真の仕上がりは、ちょっとしたコツで劇的に変わってきます。シャッターを押すほんの5秒前、たった一手間ですぐにできる撮影のテクニックを解説していきましょう。アイデアが湧いたときにすぐに試せる、「絵作り」と「表現」のコツを紹介します。便利な機能...

文具・ホビー・カメラ

【カメラ撮影】いい写真を撮る露出・光のコツ「クロマイシロップ」と覚えよう!
写真の仕上がりは、ちょっとしたコツで劇的に変わってきます。シャッターを押すほんの5秒前、たった一手間ですぐにできる撮影のテクニックを解説していきましょう。「光」を読んで「露出」を工夫すると、何気ない写真もドラマチックで雰囲気のある写真になり...

文具・ホビー・カメラ

いい写真が撮れる「構図」の決め方【今すぐできる撮影テク】
写真の仕上がりは、ちょっとしたコツで劇的に変わってきます。シャッターを押すほんの5秒前、たった一手間ですぐにできる撮影のテクニックを解説していきましょう。まずは「構図」です。切り取り方を少し工夫して、写真の躍動感やメリハリ、被写体の美しさ、...

文具・ホビー・カメラ